HOME > スタッフ紹介

理事長・院長

理事長・院長 村田 宏爾
院長コラムはこちら
医療法人 村田クリニック 理事長・院長 村田 宏爾

皮膚科・形成外科手術・レーザー治療担当

ごあいさつ

「代々200年以上に渡る、
地域に根ざした医療への取り組み。」


先代より村田クリニックを受け継ぎ、現在は院長として常勤で診療しています。これまで皮膚科学と形成外科学を専門としてきました。大学では主に植皮術や皮弁術による皮膚欠損および腫瘍再建外科・マイ クロサージャリー・熱傷外傷治療などの形成外科分野と皮膚腫瘍治療・血管腫のレーザー治療・褥瘡慢性創傷の創傷治療・ざ瘡のケミカルピーリング治療を中心に皮膚科疾患全般の診療を行ってきました。また、ざ瘡(にきび)について治療薬剤の抗菌作用以外の作用機序について研究を行い学位を取得しました。これまでの診療経験を生かし、スキンケアを重視した湿疹やアトピーの外用治療から皮膚・皮下腫瘍手術まで皮膚科診療全域と形成外科的手技を駆使した低侵襲かつ傷跡を最小限に留める眼瞼下垂・腋臭症・傷跡の形成術、レーザーを用いた顔面や頸部のほくろ・イボ・あざ・しみ治療、皮膚体表面・形態のお悩みを幅広くご相談ください。

経歴

・1992年産業医科大学医学部卒、同皮膚科入局
・金沢医科大学形成外科出向
・市立若松病院皮膚科医長
・産業医科大学皮膚科病棟医長
・九州労災病院皮膚科・形成外科部長

後、村田クリニック理事長・院長に就任。

資格

日本形成外科学会認定専門医
医学博士

副院長

副院長 村田 知子
副院長・美容ブログはこちら
副院長 村田 知子

皮膚科・美容フェイシャル・脱毛担当
※月・水・土曜の午前、金曜の午前・午後のみの診療となります。受診時間にご注意ください。

ごあいさつ

「3児の母、女性の視点で
地域医療に貢献します。」


副院長として月・水・土曜の午前、金曜の午前・午後に皮膚科および美容皮膚科の診療を行っています。最新の第2世代IPL光治療器によるフォトフェイシャル(しみ・くすみ・小じ わ・赤ら顔・にきび肌・にきび痕)・医療脱毛(I2PL脱毛)・肝斑のレーザートーニング治療を担当しています。レーザーや光治療後の肌質維持やマイルドなアンチエイジングをご希望の方にはピーリングおよびイオン導入を取り入れていますのでご相談ください。皮膚科診療では特に女性ならではの皮膚症状やお化粧関連の指導など皮膚病治療に加えて日常のスキンケアを重視した診療を行っていきます。

※皮膚科診療は、見た目に関わる部分ですので、的確な診察を行ない、迅速な治療を心がけています。女性にとってデリケートな部分の診察の場合、副院長を希望される方もいらっしゃることでしょう。当院では、受付の際に医師を選ぶことができます。副院長を希望される方は、月・水・土曜の午前、金曜の午前・午後に来院されてください。

経歴

・1991年福岡大学医学部卒、産業医科大学皮膚科入局
・宗像水光会病院皮膚科医長
・市立若松病院皮膚科医長

後、村田クリニック副院長に就任。

名誉理事長

名誉理事長 村田 純治
村田クリニックの歴史はこちらへ
名誉理事長 村田 純治
ごあいさつ

30余年間、当地で開業し、地域に根ざした医療に努めてまいりましたが、2010年9月をもちまして引退いたしました。お陰さまで体調は良好ですが、多少のリスクを抱えているため、静養とリフレッシュを兼ね、人生の次なるステージを歩んでおります。
以降のクリニック運営は、息子夫婦にバトンタッチいたしました。現在は皮膚科と形成外科中心の医療を提供しており、恐縮ながら泌尿器科は診察をしておりません。ご希望の患者さまには、近隣の医療機関をご紹介いたします。本当にお世話になりました。街でお見かけの際にはお気軽に声をおかけください。

スタッフ紹介

当院のスタッフ体制に関して

当院では、看護師が処置や説明を行なう機会も多く、週に1度のミーティングや、年に2回の個人面談を通して、患者さまに満足してお帰りいただけるよう、スタッフ教育にも力を注いでいます。

集合写真

わたし達が、地域の皆さまのQuolity of Good Skin Lifeをサポートいたします!