HOME > 形成外科

形成外科について

形成外科について

形成外科は、先天的、後天的にかかわらず、主に体の表面に生じた疾患やケガを治療する外科です。
体表面に異常がある場合、またケガや火傷、手術による変形、あるいは加齢で生じる「機能障害や皮膚腫瘍」などが治療の対象で、皮膚外科・顔面外科・再建外科・美容外科などが含まれます。

機能の回復はもちろん、見た目の異常も修復再生することで、患者さまの心の悩みを解放することも目的とした外科ともいえます。

診療内容

  • 1) 皮膚皮下腫瘍: 粉瘤、脂肪腫、各種母斑、血管腫、線維腫、神経腫 など
  • 2) レーザー治療: 赤あざ、青あざ、茶あざ、毛細血管拡張 など
  • 3) 外傷治療: 擦り傷、切り傷、熱症、皮膚欠損創
  • 4) 眼瞼手術: 眼瞼下垂、目尻形成、二重瞼形成、黄色腫、霰粒腫、汗管腫
  • 5) 耳介手術: 副耳、埋没耳、ピアストラブル、ピアスケロイド、耳垂裂
  • 6) 植皮術・皮弁形成術: 皮膚腫瘍切除後、外傷性、熱傷後などによるもの
  • 7) デリケート部位手術: 腋臭症(わきが)、臍形成(でべそ)など
  • 8) 陥入爪手術: 巻爪、爪の変形            
  • 9) デリケート部位手術: 陰部形成(包茎)