院長のブログ

2016年8月23日 火曜日

あせもが悪化する原因!かゆみと痛みはうつる?運動と栄養は?

あせもの原因は汗です
あせもの原因は名前の通り「汗」です。
通常は、汗は皮膚の表面に出てきますが、出口(汗孔)付近のお肌の角質層に乱れがあると外に出きらず汗が溜まってしまい、角質層の中で汗の成分により炎症が起きることで発生します。
症状としては、赤く小さめで均一な丘疹がたくさんできます。
基本的には放っておいても治るものではありますが、炎症が強くなりあせもの湿疹に発展することもあります。
その場合は病院で薬を処方してもらうことをおすすめします。


あせもはうつる?
あせもは他の患部や他人にうつる病気ではありません。
かゆみによりかいてしまうことで炎症がひどくなることはありますが、周囲に感染して広がっていく病気ではありません。


あせもには白い炎症もある?
あせもは赤い丘疹が特徴的ですが、白いあせももあります。
これは、肌の表層に汗がたまってできるあせもで、かゆみも痛みもなく2~3日で治ることが一般的です。


あせもを予防する方法
汗をかいたときには衣類をすみやかに着替えることが大切です。
汗が付着しじとっとした状態のままでいることは良くありません。
身体を流したり濡れタオルなどで汗成分を拭き取りましょう。
普段から通気性の悪い服や肌への密着度が高い下着などは避けるようにしましょう。
アトピーや乾燥肌の要因にもなりえます。
普段から汗ばんでいて肌が潤っているので、保湿は必要ないとお考えの方がいらっしゃいますが、これは間違いです。


あせもと運動の関係
あせもの原因は汗ですので、運動で汗をかいたらこまめに衣類を着替えたり、汗を拭きとるようにしましょう。


あせもになりやすい体質は?
肥満気味であったり緊張などで汗をかきやすい状況にある人はなりやすいかもしれません。


あせもと栄養
特定の栄養素を摂取するとあせもが予防できたり治るということはありません。
しかしながら、お肌の状態が荒れているとなりやすい病気ですので、日頃からのお肌のケアや、お肌に良いとされている栄養素の摂取はプラスになるとはいえるかもしれません。

投稿者 医療法人村田クリニック | 記事URL

2016年8月23日 火曜日

虫刺されの種類と症状!炎症はうつる?応急処置の方法は?

主な虫刺されの症状と治療法について
虫刺されは虫の種類によりそれぞれ症状や治療法が違います。
今回は代表的なものをいくつかご紹介します。

■ブユ(ブヨ)
ブユは山間部などの田舎に多く生息していますが、公園や草むらなどにいる場合もあります。
6月~7月がもっとも活発な時期です。吸血性で、刺されても痛みがないため気づきません。
足のすねや太ももなどの足を刺されることが目立ちます。
蚊よりも赤く腫れ、症状が強いのが一般的です。かゆみと痛みが発生します。
治療法としては、ステロイドの塗り薬や貼るタイプのステロイド剤を処方します。

■毛虫
主にチャドクガの幼虫に刺されて来院される患者様が多いです。
シーズンは春の終わりから初夏(5、6月)、夏の終わりから秋(9,10月)がピークです。
ツバキやサザンカ、桜の樹の葉に生息しています。
このチャドクガの体毛は、直接虫に触れていなくても、風で体毛が飛ばされて皮膚に付着します。
非常に極細のため、衣類の繊維も通してしまうため、刺された本人も自覚がないことがしばしばあります。
刺されてから1〜2日後から赤いブツブツの発疹が多発し、ひどいかゆみに襲われます。
治療法としては、かゆみや炎症が強いので、かゆみをおさえる抗ヒスタミン剤内服と強めのステロイドの塗り薬を使用することが一般的です。

■蚊
普段は蚊に刺されても病院にいくということはありませんが、子どもの場合は強く腫れることがしばしばあるため、親御さんがお子さんを連れて来院されます。
刺されてから1日、2日経ってから発症し、数日間続くこともあります。
治療法としては、塗り薬を処方しての対応になります。

■ノミ
ネコノミが一般的です。足首周囲に複数箇所赤い発疹が出現し、みずぶくれ(水疱)を形成することも多く、とても頑固そうな症状が特徴的です。
直接ネコに接触して刺される場合もありますが、野良猫がいる路地などにネコノミは生息しています。
そのエリアを歩くことで足にとびついて吸血するため、野良猫がうろつく路地では足やすねが露出しない服装や靴を着用することが予防となります。
みずぶくれができてしまった場合は、自己処置せず、皮膚科受診をおすすめします。
症状が軽い場合は市販薬での処置も可能ですが、痒みが強い時は皮膚科の薬がよく効きます。

■ハチ
特にスズメバチの被害には気を付けないといけません。
活動が活発になる8月9月は注意です。
近づかない、刺激しない、黒い衣類を着ないなどが基本です。

アナフィラキシ―という言葉をお聞きになったことがあるかもしれません。
以下のような症状が発症することが確認されています。
・全身皮膚の症状・・・赤み、かゆみ、蕁麻疹、冷や汗
・呼吸器の症状・・・息苦しさ、咳、気道のむくみなど
・粘膜の症状・・・目の充血やかゆみ、唇などの粘膜の腫れ
・消化器の症状・・・腹痛や嘔吐
・循環器の症状・・・血圧の急激な低下、

特に、急激な血圧低下によって意識を失ってしまう「アナフィラキシ―ショック」は生命に関わるとても危険な状態です。
気道のむくみが悪化すると窒息死することもあります。
植木の剪定や林業などのお仕事をされている方は、医師の判断によりアナフィラキシーショック対策用の自己注射剤の処方が可能です。
ご相談ください。
スズメバチに刺された場合は、痛みが激しく、腫れも強いため、強力なのステロイドの飲み薬や注射をつかうなどの対応になります。
息苦しさ、意識の混濁や気分不良、冷感などを伴うときは迷うことなく救急車を呼んで下さい。


虫刺されへの応急処置
虫に刺されて痛みや赤みがある場合は冷やすとよいとされています。
スズメバチの場合は、毒素が周囲に広がることを抑えるために、つねったり、絞り出すなどの処置が有効になる場合があります。
患部がジュクジュクしてしまったら流水で洗って大き目のカットバンなどで覆いましょう。
放置せずにできるだけ早く病院へいくことをおすすめします。

投稿者 医療法人村田クリニック | 記事URL

2016年8月23日 火曜日

とびひの治療や管理方法!うつらない方法は?運動や栄養の関係

とびひとはどんな病気?
とびひ(伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん))は細菌が皮膚に感染することで発症する病気です。
主に子供がかかる病気で、皮膚の一部に水ぶくれやただれができる症状がみられます。
虫刺されや汗疹(あせも)や皮膚の傷に細菌が入って感染することで発症します。
様々な部位に発症しますが、症状は部位が違っても同じ症状がみられます。


とびひの治療法は?
まず患部をきちんと洗うことが大切です。
最低でも一日二回は水と石鹸で洗い流します。
基本的な治療としては、ぬり薬の抗菌薬を使用します。
患部のかゆみが強い時はステロイド配合の外用剤を、さらにひどい場合には、飲み薬の抗生物質、かゆみを抑える抗ヒステミン剤を使用します。
また、同じとびひでも治りにくい細菌が存在します。
通常の抗生物質でも治らないものもあるので、その場合は強力な抗生物質を処方し治療に取り組みます。


とびひを他人にうつさない方法は?
とびひはうつる病気です。
通常大人にはうつりにくく、子供同士は容易に感染します。
患部への直接的な接触やかきむしった手を介してうつっていき、全身へ広がる様子が火の粉が飛び火することに似ていることが「とびひ」と呼ばれている所以です。

とびひの病変部の汁が直接触れたり、手を介して他人へうつる病気なので、家族間でもタオルを別にしたり、お風呂も一緒に入らないなど、肌と肌がくっつかないように配慮する必要があります。
接触しないようにガーゼなどで患部を被覆することで感染拡大が予防できます。
しかしながら、お風呂の水はかえる必要はなく、食器の共有も大丈夫です。

当院に来院される患者様は、とびひと気付かずに多部位にわたって広がってからこられる方が多い状況です。
基本的な知識を把握して、早期治療、感染予防に取り組んでいただきたいと思います。


とびひになってしまった場合の患部の管理方法は?
ジュクジュクした患部へ絆創膏を貼ることはあまりお勧めできません。
特に患部の汁を十分に吸収することができない小さい絆創膏を貼る処置は逆に症状を悪化させてしまう可能性もあります。
汁をきちんと吸い取れず、通気性も悪いと余計に菌が繁殖しやすい環境を作ってしまうことになります。中途半端な密閉は良くありません。

処置をする場合には、通気性のよい比較的厚手のガーゼなどのしっかりと吸収力があるものを使用して、最低2回は患部を洗い、抗菌剤を塗布し、貼り換えをするようにしてください。


とびひになった場合、運動は大丈夫?
とびひになってしまった場合に、幼稚園や学校に行っても大丈夫か?運動は問題ないか?といった質問をいただくことがあります。
先に述べたように患部がきちんと管理していれば、何ら問題ありません。
しかし、患部が露出部で、被覆がうまくできない、ジュクジュクがお友達についてしまう可能性がある場合は患部が乾燥するまでお休みすることも検討が必要です。
運動は汗で患部が不潔になるためおすすめできません、プールの場合、ガーゼを防水シールで被覆でき、直後に洗浄交換が可能なことが条件となるでしょう。


とびひを改善するための食事や栄養は?
細菌感染は身体の抵抗力や免疫力と関係するものですので、寝不足や脱水・疲労・栄養不足で身体が弱っていると細菌に負けやすく、うつりやすかったり、治りにくいということがあると思います。
十分な睡眠や栄養は大切です。


とびひに市販薬はありますか?
抗菌作用と止痒作用のある外用剤であれば効果が期待できるものもあります。
市販薬を使用して数日様子をみても改善しなければ皮膚科に受診してください。
こじらすとどんどん広がり、子供のためになりません。

投稿者 医療法人村田クリニック | 記事URL

2016年8月23日 火曜日

水虫のうつりかた!足の指や腕や首も感染する?海やお茶で悪化?


水虫とはどんな病気?
水虫は、白癬菌(はくせんきん)というカビが皮膚に寄生することで発症する感染症のことです。
この白癬菌は高温多湿の場所が好きなため、足の指の股など、湿気が多く蒸れやすいところで繁殖しやすい特徴があります。
特に足の4番目5番目の指の股はジメジメしやすいので、注意が必要です。

水虫の部位別

水虫の種類や特徴・症状
水虫には症状の違いにより3つの種類があります。

1、趾間(しかん)型
足の指の股や側面で発症する水虫です。
症状としては、赤くなる、皮がむけてただれるなどがあります。
乾燥型の場合は皮がむけてカサカサし、湿潤型の場合はジュクジュクしてただれたりします。
湿潤型は強いかゆみを伴う場合が多いです。



2、小水疱(しょうすいほう)型
足の裏、特に土踏まずを中心にポツポツと小さい水疱ができます。
進行するとかゆみを伴うようになります。



3、角質増殖(かくしつぞうしょく)型
足の裏全体に白癬菌が増殖する状態です。
角質層が厚くなり、皮膚がひび割れて粉を吹いたようになったり、表面がザラザラになったりします。




また、水虫には上記のように皮膚に感染する以外に、爪に感染する水虫もあり、これを「爪白癬(つめはくせん)」といいます。
水虫の再発などにも関わっているこの爪の水虫も見落としてはいけません。




水虫はどうやって感染するのか?
水虫は感染する病気です。
では、どのように感染するのでしょうか?
水虫の菌である白癬菌は、水虫の人が履いたスリッパやカーペット、床、畳などに存在します。
特にジメジメしがちなバスマットなどには多くの白癬菌がいる可能性があります。
場所では主に家庭内や公衆浴場での感染が多いといわれています。
こう考えると温泉などに行くのが怖くなってしまいますよね・・・しかしながら付いた白癬菌が感染するまでには24時間以上の時間がかかるといわれており、洗い落すことも容易ですので、日常的にお風呂に入って清潔でいることを心がければ感染する確率は非常に低いものとなります。
また、空気感染はありません。

枕から感染した患者様も多く来院されています。
高齢の方などは横になっている時間が多いと、首の汗で枕が高湿になり白癬菌が発生し、首の後ろを中心に水虫になることがあります。
寝具のまめな洗濯や掃除を心がけると良いと思います。


海水やお茶やオキシドールで治るって本当か?
インターネットで水虫の治療方法を調べると
「海水やお茶やオキシドールで水虫のかゆみが改善され治る」
という記事をしばしば見かけますが、これらの方法は医学的根拠はなく、推奨できるものではありません


自己判断で水虫と考えていても、そうでない場合も多くあります。
湿疹・かぶれ・細菌感染症・掌蹠膿疱症・汗による角層の蒸れなど、皮膚科での顕微鏡検査で診断を確定することが確実な診断治療につながります。
しかし、どうしても病院に行く時間が作れない場合は、水虫の市販薬を使用してください。
しかし2週間くらいしても改善しない場合は、皮膚科を受診しましょう。

また市販薬治療開始後に悪化する場合は、外用剤によるかぶれの可能性があります。皮膚科を必ず受診しましょう。
自己治療する場合、綺麗に改善して治療を中止すると大半は再発します。
外見上綺麗になってからさらに最低1〜2ヶ月治療を続けることが完治へのコツです。

投稿者 医療法人村田クリニック | 記事URL