院長のブログ

2018年4月19日 木曜日

乾癬の検査方法や治療方法は?塗り薬・光線治療・飲み薬について

引き続き、皮膚の病気である「乾癬(かんせん)」について紹介したいと思います。

乾癬の検査方法
乾癬は特徴的な皮疹の形や分布をしていますので、鑑別する方法は主に視診になります。他の皮膚病と判別しにくい状態の場合は、皮膚の一部を採取して詳しく調べる生検という検査を行います。


乾癬の治療は状態に合わせて
乾癬の治療方法はいくつかありますが、症状に合わせて治療方法を検討します。

<軽度の場合>
軽度な症状の場合は、主に外用療法(塗り薬)での処置になります。
塗り薬にはステロイド外用薬とビタミンD3外用薬、ステロイドとビタミンD3の配合外用薬があります。
ステロイド外用薬には炎症を抑える作用、ビタミンD3外用薬には表皮代謝の異常亢進を抑える作用があります。

<中度の場合>
中度の症状の場合には、光線治療を行います。
ナローバンドUVB、エキシマライトといった機器を使用して患部を治療していきます。

●ナローバンドUVB
ナローバンドUVB皮膚疾患の治療に用いる紫外線治療機器です。
従来の紫外線照射の波長の中から治療に有効な波長のみに絞り、その他の有害波長をカットすることで発がん性や色素沈着のリスクを最小限に抑え、なおかつ効果を最大限に高めている機器です。


●308エキシマーシステム
エキシマーシステム
対象になる疾患や効果はナローバンドUVBとほぼ同じですが、小範囲の局所を治療する場合に適した機器です。
病変部にのみ治療ができ、短時間で行える特徴があります。


<重度の場合>
全身に広がってしまっているような重度の場合は、飲み薬で体の免疫作用を調整していく治療になります。飲み薬には免疫抑制薬やPDE4阻害薬などがあります。

●免疫抑制薬
乾癬における免疫の過剰な働きを抑え、症状を改善します。
腎障害や血圧上昇などの副作用があるため、服用している期間中は定期的な血圧の測定や腎機能の検査が必要になります。

●PDE4阻害薬
オテズラ錠
乾癬でおこっている過剰な炎症を抑える薬です。主な薬名は「オテズラ錠」という薬で、日本の他に37カ国で承認され、尋常性乾癬、関節症性乾癬の治療薬として多くの患者様の治療に使われています。


<さらに重度の場合>
さらに重度の場合には、生物学的製剤の投与という選択があります。
生物学的製剤とは、科学的に合成した医薬品ではなく、生物が合成するタンパク質を応用して生成された治療です。非常に高い効果が期待できますが、反面、副作用も考えられるため、すべての患者さんが使用できる薬ではありません。
費用面に関しても他の治療に比べると少々高額になります。


このように、乾癬を放置して悪化した場合は治療方法は複雑になり、また、体への負担も大きくなります。早期に治療に取りかかれるように気になることがありましたらお気軽にお問い合わせください。

投稿者 医療法人村田クリニック | 記事URL

2018年4月19日 木曜日

乾癬と生活習慣(飲酒・食事)や遺伝は関係ある?肌のかゆみは子供へうつる?


今回は皮膚の病気である「乾癬(かんせん)」について紹介したいと思います。

乾癬とはどんな病気?
乾癬の一般的な症状は、皮膚が赤くなる、皮膚が盛り上がる、赤く盛り上がった表面に銀白色の細かいかさぶたができ、フケのようにボロボロと剥がれ落ちる現象が起こります。
アトピーや湿疹はかゆみを伴いますが、乾癬の約半数の患者さんにはかゆみが見られますが、全くかゆみも痛みも伴わない場合があります。

日本国内では10万人程度の患者さんがいると言われており、男女比は2:1で男性に多く、男性では30代、女性では10代および50代の患者さんが多いとされています。


乾癬は「感染」する病気?
乾癬は他人へは感染しません。 子供と一緒にお風呂に入ったとしてもうつることはありません。

しかしながら、自分自身の肌では患部が広がっていきます。患部を掻きむしってしまうことで広がりますし、体調やストレスなどとも関係していますので、体のコンディションが悪ければさらに拡散・悪化してしまう病気です。


乾癬と生活習慣の関係は?
乾癬は食生活やストレスや喫煙など生活習慣と大きく関係しています。
乾癬が発症するのは食生活が乱れている人や多量の飲酒や喫煙をされている方が多い傾向にあります。
これは、乾癬が内臓の疾患と関わりがあるためです。高コレステロール血症、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病を予防することが、乾癬の予防にもつながります。
最近では、青魚の油(DHA・EPA)が乾癬の改善に関係があると言われています。


かゆみを伴わない場合もあるため、乾癬が発症していると気付きにくい場合がありますが、放っておくとさらに症状が悪化してしまうことが考えられますので、少しでも肌に違和感があるときには早期に受診されることをおすすめします。

投稿者 医療法人村田クリニック | 記事URL

2017年12月26日 火曜日

巻き爪の膿の出し方や治療方法は?応急処置や放置した場合なども!

巻き爪から膿が出るのはどのような時?
爪は本来、足先や指先に力を込めやすくするためであったり、足の爪ならば小さな面積で体全体を支えるためには、必要不可欠な物です。しかし爪の変形によっては、足であれば歩けなくなるほどの悪影響が及んでしまいます。
巻き爪が起きやすいのは特に足の親指で、爪の両サイドが内側に丸くなっていくタイプです。爪の両サイドが鋭利な刃物のようになり、皮膚組織に食い込んでいきます。
そんな状況に足に体重がかかってしまうと、皮膚が損傷され、通常どこにでも存在するブドウ球菌などの細菌が付着しやすくなります。細菌の侵入を防ごうとする私たちの防御機能が働き炎症を起こすことで排除しようとします。この闘いの末に生じた白血球などの死骸が「膿」となります。


膿の出し方や応急処置方法は?
巻き爪が刺さった部分から膿が出てきた場合は、すぐに皮膚科や外科などを受診し治療してもらうことが一番ふさわしい対処法ですが、すぐには受診できない場合は、悪化させないように応急処置を知っておくといいですね。
膿が出ている場合は、患部をいじって無理に膿を排泄させると、余計に炎症が進行したり、腫れがひどくなったりするため、清潔なコットンやティッシュなどを当て、抑える程度で余分な膿を除去させます。決して強く搾ったり、引っ掻いたりしないようにしましょう。患部は清潔を保持することが第一に必要な事項になりますので、ぬるい温度か水で洗い流します。その後は清潔なタオルやガーゼで水分を拭き取り、消毒薬が常備してあれば塗布し、それ以上の余計な汚れが付着しないようにガーゼなどを当てておくことが望ましいです。


膿が出てしまった巻き爪の治療方法
膿が出ている状況は巻き爪の悪化を示しているようなものです。その分患部の痛みも伴っていると思われますので、まずは、皮膚にあたって傷つけている部分を処置して、炎症が広がらないための抗生物質の服用や外用薬で治療されます。
一般的には、患部の炎症が治まってから、テープやワイヤーを使用する矯正治療に進むことになります。


膿が出たまま放置した場合はどうなる?
膿が出ている状況は決して良いことではなく、何かの対処で一時は排膿状態が改善されたり、出血なども治まることがあるかもしれませんが、巻き爪はそのままですので炎症の再発は十分にありえます。痛みや腫れが持続したり、または強くなったりすることもあり、見えないところで感染が広がっているかもしれません。
感染が繰り返されると化膿性肉芽腫という異常な肉芽を形成する可能性も出てきます。
患部が小さいからと言って、症状がそこだけにおさまるというものではなく、悪化すると血液にも細菌が侵入し全身に周ってしまう恐ろしい状況にもなり兼ねません。
糖尿病をお持ちの方では、傷が治りにくいという体質に陥ってしまうため、小さな爪が原因で感染を起こすと組織が壊死を起こし、足の切断まで発展してしまうことが少なくありません。どんな方でも最悪な状況を避けるためにも、きちんとした医療処置を受けることが大切です。

投稿者 医療法人村田クリニック | 記事URL

2017年7月17日 月曜日

乾癬(皮膚の病気)の症状や種類は?治療薬のオテズラ錠とは?

今回は皮膚の病気の一つである「乾癬(かんせん)」について紹介したいと思います。
また、乾癬の治療は外用薬、飲み薬、光線療法、注射療法の選択肢がありますが、飲み薬でオテズラ錠という新しい薬が登場しましたので、こちらについても紹介します。


乾癬とは

乾癬は、主に皮膚に炎症性の皮疹が発生する皮膚の病気で、頭皮・肘・膝・足などに多く発症する傾向があります。関節に異常が出ることもあります。乾癬の症状の特徴は、長期間にわたって続くことで、良くなったり悪くなったりを繰り返します。


乾癬はどんな症状が出るのか?

乾癬の一般的な症状としては、鱗屑(りんせつ)・肥厚(ひこう)・紅斑(こうはん)があります。

鱗屑
皮膚が剥がれかかって、フケのように見えること

肥厚
皮膚が盛り上がること

紅斑
皮膚が赤みを帯びた状態のこと


乾癬の種類

乾癬には、大きく分けて5種類あり以下のように分けられています。

尋常性乾癬
紅斑が盛り上がり(肥厚)、フケのような鱗屑を伴った大小さまざまな局面を多発する
最も頻度の高い乾癬です。日本人の乾癬の患者様の約9割はこの尋常性乾癬です。

関節症性乾癬
関節の痛みや腫れ、こわばり、変形などが生じる乾癬です。
関節症状の前に皮膚症状があらわれる場合が比較的多いとされていますが、
その逆や同時にあらわれる場合もあります。

滴状乾癬
全身に急速に小さな水滴状の紅斑があらわれる乾癬です。
風邪や扁桃腺などの感染症に続いて起こることが多いとされています。

膿疱性乾癬
発熱とともに、小さな膿状の発疹が全身の皮膚上に発生し、再発を繰り返す乾癬です。
厚生労働省の難病に指定されています。

乾癬性紅皮症
もともとあった乾癬の皮疹が全身に拡大し、全身の9割以上の皮膚が赤くなる
乾癬のことです。発熱、悪寒、全身のだるさなどを伴います。


乾癬の治療について

乾癬は、発症する原因がはっきりとは分かっていませんが、乾癬になりやすい遺伝的な体質があり、これに不規則な生活や食事、ストレス、肥満、感染症など、さまざまな環境要因が加わり発症すると考えられています。
現時点では完治は難しいとされており、治療の主体は症状を緩和させるものとなっています。
長期間にわたって慢性の症状をコントロールし、生活の質(QOL)を改善させることを治療の目標としています。


最新の治療薬(飲み薬)のオテズラ錠とは?

乾癬の発症には、体の細胞に存在する「PDE4」という酵素が関係しています。
このPDE4が過剰に発生することと乾癬の発症に関係があることが分かっているため、オテズラ錠はこのPDE4の働きを抑える役割をします。これにより乾癬の症状が緩和するという仕組みです。外用剤や光線治療で改善不良な場合に使用し、比較的良好な治療結果が期待できます。他の治療との併用も可能です。頻度の高い副作用は下痢などの消化器系の症状が初期に現れることがあります。

オテズラ錠は日本の他に37カ国で承認され、尋常性乾癬、関節症性乾癬の治療薬として多くの患者様の治療に使われています。



オテズラ錠の治療は以下のような方は治療ができません。
・オテズラ錠に含まれる成分でアレルギー反応を起こしたことがある
・妊娠または妊娠している可能性がある
・お子さん

また、以下の方は使用に注意が必要です。
・妊娠可能な女性
・授乳中の女性
・重い腎機能障害がある方
・感染症にかかっている、その疑いのある方
・重いうつ病の方
・65歳以上の高齢の方


乾癬の症状によって、治療方法は変わってきますので、乾癬または皮膚の疾患でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

投稿者 医療法人村田クリニック | 記事URL

2017年5月21日 日曜日

お肌の若返りエコツーレーザーで改善できる症状や治療方法

エコ2レーザーとは、皮膚の再生能力(自己治癒力)を促し「シワ・たるみ・ニキビ・ニキビ跡・毛穴」などの肌のコンプレックスを改善する美肌治療です。


エコ2の皮膚再構築過程

欧米では従来、ニキビ跡や毛穴に対し、皮を一枚剥ぐような治療を効果が確実として、実施していました。
しかしアジア人の肌にはリスクが大きく術後の赤みも数ヶ月続くこともあり、実用的ではありませんでした。

エコ2レーザーは微細なビーム径の炭酸ガスレーザーを皮膚に高密度に照射して、微細な穴をたくさん開けていきます。
そして皮膚再生能力、創傷治癒過程を利用し、若い頃のような弾力性ある新しいお肌を構築します。

結果、驚異的な若返り効果を得ることができ、肌の凹凸治療やシワやたるみに対しても、ダウンタイム(照射後の赤み)の短縮化を実現しながら、肌を入れ替えることで若い頃のキメの細かい美しい肌を再生します。


こんな肌のお悩みをお持ちの方に最適です

・ニキビ跡の凹凸に悩まれている方
・深いシワや目の周りのしわ、たるみに悩まれている方
・フェイスラインのたるみを改善したい
・顔や首の引き締め、顔全体の若返りの為に
・気になる毛穴を改善したい
・腕や身体のリストカットや肉割れを目立ちにくく改善したい
・一度の施術でニキビ肌を改善したい
・他の光治療器や高周波で満足感が得られなかった方
・ヒアルロン酸やボトックス注入以上の真皮からの張りを持続させたい


Q&A

Q、背術効果は1回でもありますか?
1回の施術だけでも肌の色調や肌質がよくなり、肌の弾力性が戻り、気になる毛穴の汚れを除去して毛穴を縮小させます。
更に、化粧ノリも良くなります。

Q、ダウンタイムはありますか?
メイクは翌日からできますが、ニキビ跡治療などハードな照射の際には7日〜14日程度のダウンタイムを伴います。

Q、痛みはありますか?
レーザー照射時の熱さや若干の痛みはありますが、麻酔をして施術をするので我慢できます。
2回目以降の施術からはその痛みにも慣れていきます。

Q、施術後の症状は?
施術後は赤みや腫れがありますが、数日で消失し、施術後3日〜10日の期間をかけて角質が剥がれてきます。
その際に強引に皮を剥がさないよう、洗顔時には泡で優しく洗うようにしてください。

Q、施術後の注意事項は?
保湿を十分に行なってください。施術後2週間程度は角質除去剤やスクラブなど刺激成分が入っている化粧品の使用は控え、UVケアを行なってください。
メイク時に照射部位を擦ったり、無意識に掻いたりしないようにしてください。

Q、施術は何回くらい受けた方が良いですか?
治療間隔と回数は個人の皮膚コンディションや治療目的によって変わりますが、1回の治療で色ムラやくすみの改善、肌のタイトニングの実感が得られます。
1ヶ月〜2ヶ月おきに計3回施術を受けると、より肌の入れ替えが進行して毛穴やシワやニキビ跡、お肌のコンプレックスの改善と肌の若返り効果が劇的に実感できます。



投稿者 医療法人村田クリニック | 記事URL

カレンダー

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30