ブログ

2018.10.18

包茎の種類や治療方法は?放置するとどうなる?

包茎の程度について

●真性包茎
平常時でも包皮が被っていて、手で亀頭が露出することができない状態です。
包皮口が狭い、亀頭と包皮が癒着しているなどが原因の場合があります。

●仮性包茎
包皮が被っていますが簡単に亀頭が露出することができる状態です。
日本人に最も多いとされている包茎です。 

●カントン包茎
包皮が亀頭を締め付けて痛みを伴う状態です。
元に戻せなくなる場合もあり、注意が必要です。

日本人のおよそ7割は包茎と言われているため、多くの人がいずれかに該当するかと思いますが、真性包茎とカントン包茎は必ず治療をした方が良いです。
お子さんの場合は、成長とともに改善することもありますので、ある程度の経過を待つことも必要です。

包茎を放置するとどうなる?

包茎を放置すると恥垢が溜まって不衛生になることで炎症を起こすことがあり、亀頭包皮炎と言います。亀頭に雑菌などが感染することによって起こる皮膚炎です。
発症すると包皮の皮膚が赤くなり、ニキビのような赤い斑点やただれが見られるようになります。かゆみや痛みを伴う場合もあります。

包茎の治療方法は?

余分な皮を切除する治療が一般的です。
お子さんの場合は亀頭を露出させることを優先した手術になります。背面切開といい、包皮の最も締め付けの強い部分を縦に切開し横に縫合する手術になります。
大人の場合は環状切開といい、余分な皮膚を環状に切開し全周に縫合する手術となります。

一番上に戻る