Q&Aブログ

2013年11月17日 日曜日

Q. 飲み薬や塗り薬でにきびがなかなか治りません。

A. にきびの治療は食事・ストレス・生活環境など様々な増悪因子があります。

近年、アダパレンという初期段階から肌質を改善する薬剤が登場し、またケミカルピーリングも効果的で悪化させない予防的治療が一般的となっています。悪化している場合はこれらに加え抗菌剤の外用や各種内服治療などを組み合わせて治療します。継続的な治療が必要です。頑固な赤みやニキビ痕はレーザー治療やケミカルピーリングが有効です。

➤当院のにきび治療について
➤ケミカルピーリングのご紹介はこちら

投稿者 医療法人村田クリニック